製品開発ブログ・東京ブラインド
製品開発ブログ

フェルトーン施工現場 クワトロ様事務所に伺いました(2)

さて、前回の続きです。
吸音ブラインド「フェルトーン」を設置させて頂きました
横浜市都筑区のクワトロ様事務所での測定データのご報告です。

1

2

スピーカーの後ろに設置されているのがフェルトーンバーチカルブラインド(吸音ブラインド)。

3

残響時間とは、音源を停止後、その音が百万分の1になるまでの時間を指します。

グラフの縦軸は残響時間(単位:秒)で、
残響時間が長いほ ど、響きやすいという状態です。

設置前1(青い線グラフ)

フェルトーンバーチカルもなく、既存ブラインドも開いている状態での測定です。

推奨値と比べて、かなり残響時間が長く、響きやすい状態です。

設置前2(水色の線グラフ)

フェルトーンバーチカルも設置してなく、既存ブラインドを閉めている状態での測定です。

既存のグラスファイバー製縦型ブラインドがガラス面を覆っているので、
ガラスに直接音が当たらなくなる分、若干反響が抑えられているようです。

設置後1(ピンクの線グラフ)

既存バーチカルは開いてガラスが見えている状態、フェルトーンバーチカルも
設置したけれど、羽根を端に寄せている状態での測定です。

注目すべきは、フェルトーンバーチカルを閉じていなくても、
音を吸収し、残響時間の軽減に役立っている点です。

設置後2(紫の線グラフ)

既存バーチカルは開いてガラスが見えている状態で、
フェルトーンバーチカルを閉めた状態での測定です。

フェルトーンバーチカルを閉めることにより、1000~4000Hzあたりの反響音を吸収し、
整えていることがわかります。

グラフがフラットになり、かなり推奨値に近づいています。

設置後3(赤い線グラフ)

既存ブラインドも閉め、フェルトーンバーチカルも閉めた状態での測定です。

設置前1と比べて残響時間が大幅に改善され、推奨値に近づきました。

フェルトーンバーチカルがバランスの良い音の響きになるように
調音しているのがわかります。

推奨値(黄色の線グラフ)

音楽を聞かれるお部屋とのことですので、
スタジオとして使用するのに推奨される値を示しました。

ただ音を吸えば良いという訳ではなく、使用目的に合わせた響きと吸音の
バランスが必要なのです。

フェルトーンバーチカルを設置後は、余計な反射音を抑えるため

ボーカルの音像がはっきりし、音量を上げも聞きやすくなったと
おっしゃって頂けました。

以上、施工現場レポートでした。

フェルトーンの詳細はこちら


↑