ホーム > 製品一覧 > 吸音製品 > フェルトーン®バーチカルブラインド

吸音製品

フェルトーン® バーチカルブラインド

窓辺の救世主。吸音して音環境を改善するバーチカルブラインド「フェルトーン®」。
響きすぎる反響音や耳障りな音を吸収し、音ストレスを緩和します。

窓は防音のウィークポイントです。防音を考えると窓はない方がいいのですが、なかなかそういう訳にはいきません。遮音を考えると、ペアガラスや防音カーテンという手段が考えられますが、それでは音が外に出ない分、室内で反響してしまいます。特にツルッとしたガラス面や防音目的で重くした防音カーテンはよく反射し、反響を増幅させます。

室内反響音の軽減のために必要なのは吸音です。今まで窓に対する吸音手段は、ヒダを多くとった厚手のカーテンくらいでした。しかし、吸音性能を期待できる程の厚手のカーテンは、種類が少ないのが悩みの種でした。

そこで東京ブラインドのフェルトーン®。フェルトーン®はウィークポイントである窓面を覆うことによって、吸音効果を発揮します。規格色以外にもカーテン生地を使ってカバー加工をすることができますので、色柄もお部屋のインテリアに合わせて幅広く選ぶことができます。また、カーテンは開けるか閉めるかですが、ブラインドなら角度調整ができますので、光の調光用としても、音の調音用としても角度調整機能が役に立ちます。

高級車は吸音材をたくさん使用しているため、静かで落ち着きます。それがお部屋だったら、もっとリラックスできる空間が出来ると思いませんか?東京ブラインドは「吸音」の観点からお部屋作りをお手伝い致します。

※本製品は関東経済産業局から認定を受けた新連携事業に基づくものです。
(テーマ:『フェルトを利用した「吸音ブラインド」の開発と事業化』)

ページの先頭へ

フェルトーン®バーチカルブラインド

吸音ブラインド「フェルトーン®」のメリット

1.音ストレスを緩和

響きすぎる反響音や耳障りな音は、知らず知らずストレスを与えています。
フェルトーン®・バーチカルブラインドを設置し、不要な残響音は吸収されれば、音環境が改善され、リラックスできる空間を作り出します。

2.1音1音がはっきり聞こえるようになる

フェルトーン®・バーチカルブラインドを設置すると、反響音を吸音するため、反響音に埋もれていた1音1音が聞こえてくるようになります。ホームシアタールームや、楽器の演奏室など、良質の音をお楽しみになりたい方にぴったりです。

3.機能と意匠の両立

フェルトーン®・バーチカルブラインドの見た目は通常の縦型ブラインドですので、違和感なくインテリアに溶け込みます。特に、カバー加工はデザインも選べますし、持込み生地でも対応致します。 ※ポリエステル100%の空気を通す生地に限ります。 ※生地によっては吸音性能が落ちることがあります。

4.簡単設置、後付工事

壁や床の工事とは異なり、フェルトーン®・バーチカルブラインドの施工は、通常のバーチカルブラインドと取付方法は同じですので、1~2時間程度の工事で設置が完了します。後付工事が可能ですので、実際にお部屋を使用してみて「もう少し音環境を改善したい」と思った時の手軽なリフォーム手段としても有効です。

5.防音室などを作るよりは低コスト

本格的な防音室を作るとなると、1千万近くかかることもしばしば・・・。日本の狭い家屋事情では、リビング兼ホームシアタールームとして使用されている方が非常に多くいらっしゃいます。せっかく高いAV機器を入れても、音環境が整っていなければ良い音に聞こえません。防音室を作る予算はないが、もう少し音環境を良くしたい!と言った時に、フェルトーン®・バーチカルは活躍致します。

設置場所例

設置場所例
  • 音が響いてマイクの音が聞き取りにくい会議室、講堂
  • 子供の高い声が響く幼稚園・保育園・託児所・教室
  • ホームシアターを設置したリビングルーム
  • 楽器演奏室
  • 機械音・サーバー音の気になる部屋 など

測定データ

※環境により効果は異なるため、測定値は効果を保証するものではありません。

ピアノ室の騒音測定結果
【測定条件】
測定場所 東京都、個人宅ピアノ室
測定日 2009年10月21日13:00~16:00
当日の天候 晴れ、風5m程度
測定者 N.I(環境計量士)
計測器 RION社製騒音計 NL22・DAT。音源:リオン製ノイズゼネレーター/スピーカ
測定場所と測定結果
【測定場所1】
【測定場所1】
音源 ピアノの放射、ピンクノイズ
マイク位置 1.ブラインドの近傍隅(1m、1mで高さ1.2m)
2.入り口から遠方隅(1m、1mで高さ1.2m)
3.ソファー前(高さ1.2m)
4.電子ピアノ前(高さ1.2m)
5.グランドピアノの演奏者位置(高さ1.2m)
【測定場所2】残響時間

ピアノ演奏者位置での残響時間をプロットしたグラフに示します。

【測定場所2】残響時間
■考察

1.現行(対策前)の残響時間は最大0.7秒で残響時間が長すぎ、さらに周波数依存性(特定の周波数にだけ何らかの影響が出ていること)が強く出ており、ピアノ練習室としては、問題がある部屋になっている。
2.吸音スクリーンとブラインドを入れた仕様では残響時間が0.3~0.4秒程度に改善され、周波数特性もほぼフラットに改善された。ピアノ室として最適な残響時間レベル(残響時間0.3~0.4秒)になっている。

各場所の騒音値比較

各位置での騒音値をプロットしたグラフに示します。

騒音値比較騒音値比較2
■考察

1.ピアノ演奏者位置では、現行(対策前)では今回の音源での騒音値は89dBあったが、スクリーン2個とブラインドを全閉した場合の騒音値は85dBとなり、3dB程度の騒音低減効果がある。騒音のパワーは50%オフになった。
2.ソファー前位置では現行(対策前)では今回の音源での騒音値は87dBあったが、スクリーン2個とブラインドを全閉した場合の騒音値は83dBとなり、4dB程度の騒音低減効果がある。

■備考

入り口を入ったところで上下のフラッターエコー(鳴竜現象)が観測される。特にスクリーンがない場合は当該場所に騒音が入り、フラッターエコーが発生している。この現象は平行な天井と床の間で音が多重反射している現象で気になるようであれば床面または天井面に吸音材または凸凹反射材(机等)を設置することで改良可能である。

カバー加工なし(標準品)防炎品
フェルト材カバー加工なし(4色)
フェルト材カバー加工なし(4色)

※ホワイト:黒い斑点がたまに入るため真っ白ではありません。また、テカリが出る場合があります。予めご了承下さい。
※ブラック:白い繊維が入るため、真っ黒ではありません。
※製品の色調は、印刷物と多少異なります。予めご了承下さい。

カバー加工あり
カバー加工あり

お好みの生地でスラットをくるみ、インテリアにあわせたコーディネートが可能。
21色の他にも、特注で持込み生地での対応も致します(ポリエステル100%の空気を通す生地に限る)。

プレーン
プレーン
FT-1001 ウォームホワイト
FT-1002 アイボリー
FT-1003 クリーム
FT-1004 グリーン
FT-1005 ピンク
FT-1006 サーモンピンク
FT-1007 キャメルクリーム
FT-1008 サラダクリーン
FT-1009 オークル
FT-1010 グレー
FT-1011 ライトブルー
FT-1012 ライトサックス
ワッフル
ワッフル
FT-1031 ナチュラル
FT-1032 ブラウン

構造図

構造図

操作タイプ

操作タイプ

部品色

レール:3色(シルバー・ブロンズ・ホワイト)
レール:3色(シルバー・ブロンズ・ホワイト)
スラットハンガー:4色(シルバー・ゴールド・ホワイト・ブロンズ)
スラットハンガー:4色(シルバー・ゴールド・ホワイト・ブロンズ)

価格

●カバー加工なし

(単位:円 税抜き価格)

300〜1200 1210〜1600 1610〜2000 2010〜2400 2410〜2800 2810〜3200 3210〜3600 3610〜4000
500~1000 57,500 74,000 85,600 102,000 119,100 130,800 145,200 162,000
1010~2000 76,800 106,200 122,100 138,200 162,000 178,300 197,200 220,900
2010~2400 103,700 144,300 167,700 191,000 226,000 249,500 276,200 310,600
2410~2800 111,500 155,600 180,900 206,400 244,200 269,900 298,400 335,900
2810~3400 119,400 166,900 194,300 221,600 262,600 290,100 320,800 361,100
3410~3800 127,100 178,200 207,500 236,900 280,800 310,400 343,000 386,500

●カバー加工あり(プレーンFT-1001-1012)

(単位:円 税抜き価格)

300〜1200 1210〜1600 1610〜2000 2010〜2400 2410〜2800 2810〜3200 3210〜3600 3610〜4000
500~1000 96,700 124,700 145,800 175,000 204,700 224,400 246,600 276,000
1010~2000 149,400 208,000 243,700 276,000 325,900 358,800 393,900 443,800
2010~2400 189,100 263,900 311,000 353,700 420,000 463,300 509,500 575,100
2410~2800 209,700 292,900 345,800 394,000 468,300 517,000 568,200 642,200
2810~3400 236,600 330,400 391,300 446,200 531,400 586,800 645,000 729,700
3410~3800 257,100 359,500 426,200 486,400 579,700 640,500 703,800 796,800

●カバー加工あり(ワッフルFT-1031、1032)

(単位:円 税抜き価格)

300〜1200 1210〜1600 1610〜2000 2010〜2400 2410〜2800 2810〜3200 3210〜3600 3610〜4000
500~1000 107,300 141,200 162,700 194,000 227,900 249,700 274,100 307,700
1010~2000 171,000 241,600 278,100 314,800 373,200 410,400 449,900 508,300
2010~2400 214,900 304,100 352,100 400,100 476,600 525,100 576,400 652,300
2410~2800 239,600 339,700 393,700 447,800 534,100 588,800 646,000 732,000
2810~3400 272,800 387,000 449,300 511,400 611,100 673,700 739,200 838,400
3410~3800 297,500 422,700 490,900 559,200 668,600 737,500 808,900 918,000

■防音の手段
防音の手段

真空の状態では音が伝わりません。通常、音は空気か物を振動させることによって伝わります。一言で「防音」と言っても色々あり、何に対しての音を防ぎたいのかによって手段は変わってくるのです。

実績

世田谷区 Y邸  (→お客様の声へ
世田谷区 Y邸

Q&A

Q 吸音ブラインドって防音ブラインド?何が違うの?

A 吸音は、防音手段の一つに過ぎません。「防音」という大きな枠の中に、「吸音」があるというイメージです。「防音」の枠の中には、他にも「遮音」や「防振」「制振」などがありますが、どれも“どの方法で防音効果を得るか”という手段です。フェルトーンは「吸音」をメインに開発された商品であり、音を「吸音」することによって「防音」効果を発揮しています。少し違いますが、“ダイエット”に置き換えるとわかりやすいかも知れません。“ダイエット”と一まとめに言っても、“食事制限による減量”とか“運動による減量”など、色々な手段があり、原因に対してどういう手段を取るかによって、効果の出る経緯や場所が違いますよね?フェルトーンを「防音ブラインド」と言っても間違えではないのですが、あくまで“吸音することによって防音する”ので、誤解が生じないように広い意味の「防音ブラインド」とは言わず、「吸音ブラインド」と言うようにしています。

Q 大音量で音楽を聞いても大丈夫ですか?

A 大丈夫とは言えません。あくまでフェルトーンは簡易的な措置とお考え下さい。フェルトーンが効果を発揮するのは、空気を伝わる音に対してです。建物を振動させて伝わる低音には、振動を止める別の措置を行わなければなりません。音の種類や伝わり方によって、防音手段は異なります。専門家にご相談下さい。

Q 外がうるさいのですが、フェルトーンをつけたら効果はある?

A 設置状況や部屋の環境にもよりますし、人によって音に対する感覚は違うので、静かになると断言することは難しいですが、効果はあります。しかしフェルトーンは「遮音」ではなく「吸音」をメインに開発された商品ですので、劇的な効果を期待するのであれば、フェルトーンブラインドでは難しいかも知れません。遮音効果とは違う視点になりますが、フェルトーンが音を吸収することにより、部屋に入ってきた音が部屋の中で反射するのを抑えるため、部屋の中は反響音の少ない落ち着いた空間になります。部屋に音が入らないことばかりに焦点を当てると、部屋に入って来る音は少なくなるかも知れませんが、入ってきた音が約340m/秒の速さで部屋の中で反射を繰り返すことになりますので、遮音だけでなく吸音もバランス良く取り入れる必要があります。

ページの先頭へ