東京ブラインド

ホーム > 動画で比較、フェルトーンの防音効果

動画で比較、フェルトーンの防音効果

フェルトーンによる吸音・防音効果をこちらの動画からご確認いただけます。

※大きな音が出ますので、再生の際にはご注意ください

フェルトーンの最大の特徴は、反響音(お部屋の壁などで反響した音のこと)を吸収できることです。

この効果によって、事務所内の雑音が少なくなった・TV会議中のハウリングが少なくなったなどの効果を感じることができ、室内で発生する不必要な音を減らすことができます。

動画で再現しているのは、防犯ブザーを利用してフェルトーンがある場合と、ない場合での音量を計測したものです。ブザーの大きな音を吸収し、反響音を減らしているので計測値に変化が見られます。

左側のボックス(プラスチック製:フェルトーンなし):100db以上
右側のボックス(プラスチック製;フェルトーンあり):85db以下

フェルトーンの防音効果

お客様の音環境によって、使用用途は様々だと思いますので、東京ブラインド工業では実際の現場にて打ち合わせし最適な音環境になるようフェルトーンの設置方法をご提案しております。

また、当社内に設置しているサウンドルームでは、5.1chのスピーカーを設置して心地よい音環境を実際にご体験いただける施設です。