東京ブラインド

ホーム > 音でお困りのお客様へご提案 > よりよい音環境を作りたい方へのご提案

よりよい音環境を作りたい方へのご提案

ご提案

理想の音環境 フェルトーンを使って実現できる理由
低音のキレを良くしたい 数ある吸音材の中でも低音のキレを良くするのは難しいですが、フェルトーンと木製(吸音と反射)を交互にする事で低音のキレが良くなります。(ハイブリットタイプ)
5.1chサラウンドをより効果的に聞きたい お部屋が反響する素材の多い空間ですと、せっかくの5.1chサラウンドが余計な反響音によって音像定位がはっきりしなくなります。その余計な反響音を吸音する事により5.1chサラウンドの力を最大限に引き出します。
音像をはっきりさせたい 室内に過度な反響があり過ぎるとボーカルの声や楽器の音などがぼやけて聞こえてしまいます。その過度な反響を吸音する事により、ボーカルの声がはっきり聞こえ、いままでぼやけて聞こえていた楽器の音が聞こえてきます。
大音量でも音割れがしにくい部屋にしたい 音量を上げ過ぎるとお部屋の状況により音割れが発生する場合がございます。 フェルトーン設置した空間であれば、設置していない空間よりも音量を上げても音割れし難くなります。
窓面に吸音材を設置したい お部屋内に吸音材を設置する時に一番にネックになるのは窓面です。窓を塞ぐ訳にもいかないし、厚ぼったいカーテンを吊るのは見た目が…。そんな時吸音機能とインテリア性を兼ね備えたフェルトーンがオススメです。

詳しい事例はこちらをご覧ください